HOME > 防災用ライブカメラ

防災用ライブカメラ

地区内東側(国道294号線側)を流れる千代田堀川周辺を監視する防災カメラです。(画像をクリックすると現在のライブ映像が見られます)
これは「関東・東北豪雨災害」での教訓と大雨時の経験から設置されたもので、このシステムの運用によって、大雨や鬼怒川増水時に根新田地区が浸水の影響を受ける早い段階で、千代田堀川周辺の異変をライブ映像で確認する事が可能となります。(2017.01.01 運用開始)

《千代田堀上流側カメラ》
大雨時または鬼怒川異常増水時の千代田堀川周辺の画像
(画像をクリックすると現在のライブ映像が見られます)

《千代田堀下流側カメラ》
関東・東北豪雨災害時の千代田堀下流側
(画像をクリックすると現在のライブ映像が見られます)

防災カメラの設置位置 (画像クリックで拡大)

これにより、地域住民の避難準備情報としての活用や地区外への避難時に地区中心部の安全を予測する事も可能となり「SMS一斉送信システム」と相まって、地域の防災活動に大いに役立つものと期待されます。また平常時にはグラウンドゴルフ会場の様子も確認でき、防犯にも貢献することになります。

    ●防災ライブカメラ映像   ●映像転送システム概要