HOME > 2016年 > 1月

地域コミュニティ研究

慶応義塾大学
2016.01.30(土)、「地域コミュニティ研究」の一環として、慶応義塾大学の学生さんが当町内会を訪れました。今回の水害で効果を発揮した”ほっとメール”や”地域コミュニティ活動”について「わがまちねしんでん」のホームページをご覧になって興味を持たれたとの事でした。

皆さんの鋭い質問に、さすがの鈴木区長もたじたじ?

右から横山さん、岸本さん、佐藤さん

お越し頂いたのは、慶應義塾大学 環境情報学部の横山さん、佐藤さん、総合政策学部の岸本さんの3名で「災害時の情報共有のあり方」「地域コミュニティの大切さ」についてメモを取りながら真剣に質問していました。ヒアリングの前には「この地域の雰囲気を少しでも肌で感じてみたい」と地区内を散策された様です。皆様の今後のご活躍に心より期待しています。

  ●水害時のほっとメール   ●地域コミュニティ活動
  ●町民憩いの週(GG)    ●町民憩いの週(いきいきサロン)

少しでも笑顔を

2016.01.10(日)、私達の町内に仲間入りする川﨑様宅で、新居の完成を祝った”新春「お菓子・餅まき大会」“が行われました。『同じ被災されたご近所の皆様へ、ほんの少しでも笑顔をお届けしたい 』と施工会社の”アルル”さんとの協力で実現しました。

「それ~」、「おっ、まいたぞ」、ホットな戦い?が始まりました

たくさんのお菓子や餅が宙に舞い、子供も大人も大喜び

奥様も手にいっぱいのお菓子をご奉仕です

「こっちにもまいて~」、アルルさんもお菓子が欲しそうだ?

最後は紅白ボールの番号で素敵な景品と交換です

今では殆ど見受けられなくなった上棟式。時期をずらして新春企画の粋なはからい、町民も大喜びでした。川﨑さん、”アルル”さんありがとうございました。

“ハナコオフィシャルブログ(その1)”

“ハナコオフィシャルブログ(その2)”

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

水害片付けのさなか、飲物の無料配布をしてくれた”アルル”さん

昨年9月の水害の時に”飲物の無料配布”を行って頂いたのも”アルル”さんだったのですね。その時は全く気付かず大変失礼しました。 目立たずそっとボランティア活動を行ってくれた社長さん始め社員さんの心意気、温かい心に感謝です。本当にありがとうございました。

“アルルリフォーム楽しい株式会社”