HOME > 関東・東北豪雨災害 > 水害時のほっとメール

水害時のほっとメール

町民からの声
災害当時、水害対策本部に寄せられた“ほっとメール”の反響です。

「常総市の防災無線で避難指示があり迷いましたが、最終的に
“ほっとメール”で避難を決断しました」▼

「浸水のさなか、町内に残って頑張っている区長さん達の姿に
「私達も頑張ろう」と避難所のみんなで話していました」▼

「”水位が下がって来た”というメールの時には凄く安心しました。
「頑張って下さい」には本当に勇気付けられました」▼

「道路が各所で冠水していたので、町内に帰る道路情報は大変役に
たちました」▼

「消毒薬配布の情報で、本数は少なかったですが入手する事が出来
ました。”ほっとメール”は便利ですね」▼

「水害後のボランティアさんの情報は本当に助かりました。ボラン
ティアさんにも”ほっとメール”にも感謝です」▼

「救援物資が届くたびにメールがあり、”ほっとメール”の便利さを
あらためて感じました」▼

「避難所にいても地域の情報がどんどん入ってくるので本当に助か
りました」

「”ほっとメール”によって、町内会(区長さん)と繋がっている安心
感と一体感があって心強かったです」

「”ほっとメール”のおかげで、班員への連絡が必要無く、自宅の片
づけに専念出来て、本当に助かりました」(班長)

「普段の緊急連絡に使っているショートメールがこんなに役に立つ
とは凄いですね」

「受信者登録を世帯に1名だけではなく複数登録して頂けるとありが
たいです」

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

若い世代はスマホを使ってTwitterやLINE等で情報共有が出来ますが、高齢者の殆んどはスマホの必要性を感じていません。世代に関係なく、手軽に同時に情報を共有出来る手段としてSMSは最適な情報伝達ツールと言えるでしょう。

   ●普段のほっとメール     ●SMS SMART Link
   ●災害報道特集        ●出前講座(防災研修会)