HOME > 自主防災活動 > 「無事です」タオルで発信

「無事です」タオルで発信

産経新聞
2018.05.26(土)、根新田町内会の自主防災活動が産経新聞で紹介されました。

産経新聞 2018.5.26 朝刊 茨城版 (記事クリックで拡大)

フェンスに掲げる家庭もあれば….

こんな風にポストに差し込んだり….

自宅入口の木に吊るす家庭など、目立つ所に掲示します

拡大するとこんな感じです

自主防災活動の目的は「一人の犠牲者も出さないこと」。これを後方支援する「安否確認用のタオル」で、災害発生時の初動対応に大きな効果を発揮します。

 1.身の安全を確保  2.火気の確認と停止  3.在宅家族の無事を確認
 4.「無事ですタオル」を掲げる  5.近所の安否確認(救助)を開始する

全国各地で同様の取り組みが始まっています。ぜひみなさんの自治会も取り入れてみませんか?。

   ●「無事ですタオル大作戦」  ●安否確認図上訓練
   ●根新田総合防災訓練     ●出前講座(防災研修会)


Comments are closed.