HOME > 2018年

DIG(災害想定図上訓練)

2018.10.21(木)、常総市役所本庁舎に於いて、自主防災組織対象の災害想定図上訓練が開催され、当町内会からは3名が参加しました。

神達常総市長のあいさつ

付箋紙を使って地域の災害関連の特性をまとめます

発災時の想定被害を地図上に記入します

多くの見学者の皆さんも参加されました

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
三妻地区区長会対象の防災教室(根新田公民館)

「防災教室」に参加した三妻地区区長会の皆さん

根新田町内会の防災活動の紹介

午後からは根新田公民館で、三妻地区の区長さんを対象とした「防災教室」を開催し、自主防災の必要性を訴えました。

   ●防災啓発活動       ●無事ですタオル大作戦
   ●根新田総合防災訓練

正観世音菩薩例祭

2018.10.14(日)、町内の銀座通り?にある正観世音菩薩(観音様)の祭礼が行われました。本祭礼日は毎年18日ですが、平日なので日曜日に繰り上げです。朝方に降っていた雨も上がり一安心しました。

.

「よし、準備万端だな」、世話役のシルバー会会長

たっぷり入る賽銭箱も用意出来ました

「町民みんなが楽しく過ごせます様に」世話役が祈願します

町民のみなさんが三々五々にお参りに来ます

「お札を入れるわよ」年金生活なのに大奮発

「お賽銭を多く入れましたので、御利益も多めに…」

いつも幅広い年齢層が参拝に来てくれます

銀行が取りに来るまで賽銭箱を監視?します

参拝の後はみんなで楽しく茶話会です

準備から運営まで”根新田シルバークラブ”世話役のみなさんお疲れ様でした。楽しい祭礼を過ごす事が出来て、さぞかし観音様も喜んでいる事でしょう(^^)
             ●正観世音菩薩

グラウンドゴルフ10月

2018.10.13(土)、町民グラウンドゴルフ10月例会が開催されました。

ショートメールで開催を知らせます

8時30分、参加者が来る前に準備開始です

クラブの用意も出来て、後は集合を待つばかり

ラジオ体操も終わり壮絶な戦い?が始まりました

加藤区長の打ったボールが近づいて来ました

偶然?にもうまく入りました。

加藤区長の奥さんも負けじと、「それっ、あらっ」

「あらっ、ちょっと強かったな」

この位置にボールが止まると最悪

やっぱり入りませんでした(^^)

戦いすんで。何か良い成績が出た様です

ホールインワンを決めた四人

        今日の戦績は下記の通りです。(敬称略)

男女総合1位 坂 京子
   男子 (1位) 加藤岩雄 (2位) 高田義雄  (3位) 村上 浩
   女子 (1位) 坂 京子 (2位) 須賀早起子 (3位) 近藤三江

ホールインワンは坂さん、高田さん、加藤区長、犬塚さんの四人が決めました。特に初心者の坂さんは初優勝に大喜びで、来年は全国大会に出る勢いです(^^)

あしたのまち活動賞受賞

「あしたのまち・くらしづくり活動賞」
2018.10.05(金)、公益財団法人「あしたの日本を飾る協会」主催の”あしたのまち・くらしづくり活動賞”の発表がありました。本年度は全国271団体の中から、内閣総理大臣賞、内閣官房長官賞、総務大臣賞が各1団体、主催者賞が5団体、振興奨励賞20団体が決定され、当町内会は主催者賞に選ばれました。

読売新聞 2018.10.5 朝刊 茨城版 (記事クリックで拡大)

これも町民の皆さん一人一人が地域コミュニティの重要性、助け合いの大切さを理解し、地道に活動して来た賜物です。今後も「楽しく、安心して住めるまちづくり」の為に邁進して行きましょう。表彰式は11月4日、東京都北区の「北とぴあ」で開催予定です。当日は午前中に神奈川県茅ケ崎市で講演、午後から表彰式で忙しい一日になりそうです。

    ●ほっとメール      ●防災用ライブカメラ
    ●マイ・タイムライン   ●無事ですタオル大作戦

情報共有プロジェクト会議

2018.10.04(木)、国土交通省が主催する「住民自らの行動に結びつく 水害・土砂災害ハザード・リスク情報共有プロジェクト」の委員として霞ケ関本省に行って来ました。今回を含めて計5回の会議が開催されます。どうしたら住民一人一人に的確に情報が伝達され、実際の避難行動に結びつくかを討議するものです。

国、報道機関、自治体、地域が一体となって討議します

「SMS一斉送信システム」の概要を説明する町内会事務局

常総市防災士連絡協議会事務局として出席させて頂きましたが、テーマに合わせて「関東・東北豪雨災害」で活躍した根新田町内会の「SMS一斉送信システム」のスピーチが大半を占めました。今回は第1回会議という事で事務次官も出席されました。次回10/11はいよいよ“ねしんでんほっとメール”のプレゼンです。

   ●プロジェクト開催趣意    ●プロジェクト参加団体
   ●SMS送信業者        ●出前講座(防災講演会)

台風24号/SMS

2018.09.30(日)、台風24号接近のため「ほっとメール」で町民に注意喚起を行いました。また要援護者宅を訪ねて注意喚起と支援を行いました。

各地で大きな被害が発生しています。特に風が強いとの予報なので、十分な注意をお願いします。

    ●ほっとメール     ●「マイ・タイムライン」

関東・東北豪雨から3年

2018.09.08の常陽リビング(県南県西地区の地域情報誌)に、根新田町内会の防災士 川崎真吾さんをはじめ、妻の由佳さんや町内会事務局長の須賀英雄さんが紹介されました。

常陽リビング 2018.9.8  (記事クリックで拡大)

西日本豪雨の被災地でのボランティア活動に参加した川崎さん。支援先での様子や3年前の水害発生時の状況、そして同町内会の防災の取り組みについて掲載されました。

(投稿 宮川智敬)

●夫婦で防災士

資源物回収(町内会)

2018.09.16(日)、根新田町内会では、今年度第1回目の資源物リサイクル回収を行いました。各家庭から出る新聞紙、雑誌、ダンボールやペットボトル等を回収し、町内会の資金源にしています。

AM7:30頃までに、各家庭の道路ぎわや

目立つ場所に、取り貯めた資源物を出しておくと

軽トラが回って回収します、「資源物はありませんか~」

回収した資源物は公民館に集めます

根新田には勉強家が多いらしく?新聞紙、雑誌類がこんなに、

ペットボトルもこんなに集まりました

段ボールもこんなに集まりました

アルミ缶とスチール缶が混ざっていないか点検します

缶の分別も終わり、満足する3班の中村班長

町内から回収した資源物は業者さんの回収車へ移します

みなさんご協力ありがとうございました。町内会の運営資金調達にさらなるご協力をお願いいたします。

プレーバック1974茨城国体

2018年4月12日の茨城新聞にて、根新田在住で常総市議会議員の中村博美さんが紹介されました。

茨城新聞 2018.04.12  (記事クリックで拡大)

昭和49年の茨城国体時、ハンドボールの強化選手としてプレーした夫を支えた当時を振り返るとともに、国体を通して茨城と夫と中村さん自身を結びつけた「赤い糸」についての記事が掲載されました。

(投稿 宮川智敬)

「いばらきeye」放送

2018.08.19(日)に長野市柳原小学校体育館に於いて行われた「マイ・タイムライン講習会」の模様が、NHK水戸放送局「いば6」で放送されました。

《 逃げ遅れ防げ “マイタイムライン” 》
NHK水戸放送局 いば6「いばらきeye」
2018.09.12 PM6:10

当日はNHK水戸放送局と共に、朝日新聞社の同行取材もありました。

   ●防災研修会(長野市柳原)    ●マイ・タイムライン
   ●出前講座(防災研修会)     ●逃げる決断「準備を」 

防災士連絡協議会発足

2018.09.11(火)、鬼怒川氾濫による常総水害から10日で3年目を迎え、常総市防災士連絡協議会が9日発足しました。当町内会の須賀英雄氏が事務局長に選任され、朝日新聞で紹介されました。

朝日新聞 2018.9.11 朝刊 (記事クリックで拡大)

全国を回り根新田の防災活動の紹介をはじめ、マイ・タイムラインの普及に奔走する須賀事務局長。常総市全体の防災力の底上げ、防災意識向上に多大なる貢献をされることを期待します。
                       (投稿 宮川智敬)

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

会場となった、常総市石下総合福祉センター

「地域のために」と熱意を持った約50人の防災士が集合

神達常総市長のあいさつ、市長自身も防災士です

協議会をリードする初代役員の皆さん

行動計画について説明する事務局長、左は荻野会長

この後、会場を移して防災シンポジウムに参加です

活動の主体は協議会が行い、事務局は常総市防災危機管理課内に置いて、行政と連携します。

   ●防災啓発活動       ●無事ですタオル大作戦
   ●根新田総合防災訓練

グラウンドゴルフ9月

2018.09.08(土)、町民グラウンドゴルフ9月例会が開催されました。先月は異常な猛暑で中止になりましたが、今日は猛暑も和らぎ、風もあってなかなかのコンディションでした。

会場の準備も整った様です

参加者が三々五々に集まって来ました

加藤区長の指導?で、ラジオ体操が始まりました

「今日は優勝するわよ」、Aチームから試合開始です

「うまく打てます様に」、アドレスをしっかり狙いをつけて

Bチームの皆さんも頑張っている様です

Cチームの村上さん、なかなかの腕前です

「それっ、んっ」、失敗したDチームの北原さん

5番ホールのゴールはいつも角に設置します

「今日もダメだわ」、うなだれる近藤さん(^^)

なんか良い成績が出たような雰囲気だぞ

「私の成績はどう」、「ハマちゃん今日は一番かも?」

「おやっ、俺は男子一番かな?」

ホールインワンを決めた村上さん


        今日の戦績は下記の通りです。(敬称略)

男女総合1位 北原ハマ子
  男子 (1位) 加藤岩雄  (2位) 村上 浩  (3位) 有馬伍郎
  女子 (1位) 北原ハマ子 (2位) 加藤公子  (3位) 有馬悦子

今日のホールインワンは村上さん一人でした。おめでとうございます「パチ、パチ、パチ」(^^)。

大地震への備え/SMS

2018.09.06(木)、北海道で大きな地震が発生しました。いつ近くで大きな地震が発生するか予測がつきません。いつも心構えを忘れない様に「ほっとメール」で町民に注意喚起を行いました。

“震度7″という大きな揺れで、甚大な被害が発生した今回の地震。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

    ●防災啓発活動      ●無事ですタオル大作戦
    ●根新田総合防災訓練   ●ほっとメール

防災士 住民の先導役

2018.09.06(木)、根新田町内会や他地区の防災士の活動が朝日新聞で紹介されました。「常総市防災士連絡協議会」の発足も間近になり、忙しくなりそうです。

朝日新聞 2018.9.6 朝刊 (記事クリックで拡大)

「防災士」って一生懸命勉強して資格をとっても、何の特典も無いんです。「地域の為に頑張ろう」,「人の役に立とう」という熱い情熱だけが心を大きく動かしているのです。志を同じくする防災士の皆さん「災害に強い地域づくり」の為に共に頑張りましょう。

    ●防災啓発活動     ●無事ですタオル大作戦
    ●根新田総合防災訓練
   

夫婦で防災士

2018.09.01(土)、根新田町内会の自主防災活動が紹介されました。今回は防災士の紹介です。

《 茨城新聞 》

茨城新聞 2018.9.1 朝刊 (記事クリックで拡大)


《 毎日新聞 》

毎日新聞 2018.9.9 朝刊 (記事クリックで拡大)

根新田町内会には現在5人の防災士がいます。中でも今回紹介させて頂いた川﨑さんご夫妻は、二人で防災士の資格を取って活躍しています。いまや当町内会の自主防災組織には欠かせない人材となっています。

   ●出前講座(防災講演会)  ●「無事ですタオル大作戦」
   ●安否確認図上訓練    ●根新田総合防災訓練

逃げる決断「準備を」

朝日新聞
2018.08.29(水)、根新田町内会の対外支援活動が朝日新聞(全国紙)で紹介されました。

朝日新聞 2018.8.29 夕刊全国紙 (記事クリックで拡大)

    ●MTL講習会(長野市柳原)    ●ほっとメール
    ●マイ・タイムライン   ●出前講座(防災研修会)

草刈り奉仕作業

2018.08.28(火)、根新田親睦会では、地域奉仕活動の一環として中妻駅線路沿い通学路の草刈りを行いました。

まずは道路の亀裂に生えた草の除草です

草は関東鉄道の敷地内から伸びたものですが、

登校日が近いので、みんなで綺麗にする事にしました

気付いて途中から応援に来た関鉄保線区のみなさん

通過車両で事故がない様に関鉄が急遽係員を配置(右)

草刈りの時間だけ一時的に道路を封鎖して、

住民に迂回をお願いして安全を確保しました

みんな自前の刈払機で慣れているので作業が早い

最後は道路に散乱した草を掃除して終了です

「お疲れ様でした」、平日なのに9人も参加してくれました

“フラフラ”しながらカップコーンを片付ける加藤区長

途中で関東鉄道の人も草刈りに気づき、急いでお詫びと応援に来ました。夏休みも終わりに近づき子供達が安全に登校出来るようにと「SMS一斉送信システム」で招集、都合のとれる人が集まって行いました。地域で出来る事は積極的に地域住民で行動をおこす事が大事ですね。

    ●草刈り奉仕作業(千代田堀)    ●人の役に立つ

龍ヶ崎市市民防災フェア

2018.08.26(日)、茨城県龍ヶ崎市文化会館に於いて「龍ヶ崎市市民防災フェア2018講演会」が開催され、根新田町内会の防災活動についてご紹介させて頂きました。

会場となった龍ヶ崎市文化会館

講演会は1200人収容の大ホールで行われました

「関東・東北豪雨災害」で活躍した情報共有システムの説明

水害に向けた取り組みについては、

家族の避難行動計画「マイ・タイムライン」について、

実際に活用している事例を紹介しました

震災に向けた取り組みについては、

発災初動時の効率的な安否確認の方法として、

「無事ですタオル」を使った訓練の模様を紹介しました

今回の講演会は、以下の3部形式で行われました。
  第1部「大雨、大水害!自分は大丈夫と思っていませんか!?」
      NHK「おはよう日本」気象予報士 檜山靖洋氏
  第2部「ITを活用した災害に強い町づくり」
      根新田町内会
  第3部「おいしく、しっかり災害に備える!身近な防災食講座」
      管理栄養士 今泉マユ子氏

いつもは40分の講演時間を30分の持ち時間でとの事で、スピード違反をしながらの進行でしたので皆さんにうまく伝えられたか心配でしたが、会場出口で参加者の皆さんから何度も呼び止められ「よかったですよ」、「俺たちも負けてられない」とか「テレビや新聞で町内会の活躍は知っていました」等々、嬉しい声をたくさんかけて頂き、疲れがいっぺんに吹き飛んでしまいました(^^)

  ●SMS一斉送信システム    ●マイ・タイムライン
  ●防災用ライブカメラ     ●無事ですタオル大作戦
  ●出前講座(防災講演会)    ●防災フェア2018講演会.pdf
  ●防災意識を高めよう(茨城新聞2018.08.31)

防災啓発活動

2018.08.25(土)、根新田自主防災組織では、各班の防災委員や防災士が全世帯を訪問して、防災啓発活動を行いました。防災訓練は実施していても普段の平穏な生活でふと忘れてしまうので、今日は「大地震に備えた周知・啓発チラシ」の配布です。

「○○さんちから回ろうか?」、「そだね~」

「無事ですタオルもすぐ出せるようになっていますね?」

「今年は台風も多いので気をつけてください」

要支援者のお宅は特に念入りに説明

「このチラシを目立つ所に貼っておいて下さい」

今日は新聞各社の同行取材もありました

大地震がいつ発生しても、迅速な安否確認や救助が出来るような普段の意識付けは訓練以上にとっても大切な事です。町民の皆様のさらなるご協力をお願いいたします。防災委員、防災士の皆さん暑いなかお疲れ様でした。

  ●防災士 住民の先導役(朝日新聞)  ●無事ですタオル大作戦
  ●根新田総合防災訓練

ミニ防災研修会

2018.08.23(木)、根新田町内会事務局宅に於いて、埼玉県久喜市、杉戸町、蓮田市の市議会議員さんとのミニ防災研修会を開催しました。ご訪問頂いたのは斉藤広子議員(久喜市)、伊藤美佐子議員(杉戸町)、鈴木貴美子議員(蓮田市)で、先日長野市で開催した「マイ・タイムライン講習会」の報道もあって、水害時の避難行動計画に大変な興味を持たれたとの事でした。

左から鈴木さん、伊藤さん、斉藤さん、町内会事務局

当町内会の自主防災活動、地域コミュニティ活動の研修として、昨年末に一度おいで頂きました。今回は杉戸町の伊藤議員が参戦?し、三人がかりでの鋭い質問に事務局も”タジタジ”でした。地域防災活動に同じ志を持つ仲間として大変有意義な討論が出来ました。ぜひ「マイ・タイムライン」の有効性を訴求頂き、水害から住民を守るツールとして普及されますようご尽力ください。みなさん今日は大変お疲れ様でした。

    ●「マイタイムライン」を勉強に常総市へ
    ●ミニ防災研修会    ●出前講座(防災研修会)

MTL講習会(長野市柳原)

2018.08.19(日)、長野市柳原小学校体育館に於いて「逃げキッド」を使った「マイ・タイムライン講習会」を開催しました。

《 逃げ遅れ防げ “マイタイムライン” 》
NHK水戸放送局 いば6「いばらきeye」
2018.09.12 PM6:10
マイタイムライン講習会の模様を詳しく紹介しています

《 川が氾濫する前までにあなたはどう行動する? 》
テレビ信州「報道ゲンバFace」
2018.09.04 PM6:15
長野市でのマイタイムライン講習会の模様です

《 水害に備え「マイタイムライン」を考える講習会 》
長野朝日放送
2018.08.19 AM11:58
長野市でのマイタイムライン講習会の模様です

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

講習会前日に柳原地区に隣接した千曲川を案内して頂きました

地区内を流れる南八幡川と千曲川を結ぶ”柳原排水機場”

排水の流れや機場の排水システムをご説明頂きました

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

柳原地区住民自治協議会の事務局がある総合市民センター

マイ・タイムライン講習会の会場となった柳原小学校体育館

会場の外では資機材の説明や点検が行われていました

会場に集まった柳原地区住民の皆さん

長野県内のテレビ局3社も取材に来ました

テーマは「マイ・タイムラインで命を守ろう」

まずは「マイ・タイムライン」の必要性を詳しく説明して、

「マイ・タイムライン」の作成が始まりました

頃合いをみて、会場内を回ってアドバイスしながら

皆さんの「マイ・タイムライン」を見せて頂き、

参考になる事例をピンマイクで会場内に実況です

最後に長野市消防局、滝沢柳原分署長の総評を頂きました

今回の「マイ・タイムライン講習会」は柳原地区の防災訓練のイベントとして開催されました。「関東・東北豪雨災害」での被災体験や「マイ・タイムライン」の必要性に対して、皆さん他人事では無いと真剣に聞き入っていました。本日初めて作成した「マイ・タイムライン」を更に充実させ、減災に大いに役立てて頂きたいと思います。柳原地区住民の皆さん、今後も地域防災の更なる向上の為に共に頑張りましょう。本日はお招き頂きありがとうございました。

   ●防災研修会(長野市柳原)    ●マイ・タイムライン
   ●出前講座(防災研修会)

台風13号/SMS

2018.08.07(火)、台風13号接近のため「ほっとメール」で町民に注意喚起を行いました。また班長、防災委員の皆さんへ要援護者への注意喚起と支援をお願いしました。

IMG_3602(320-240)

強い勢力を保ったまま上陸するとあって、事前の備えと心構えが重要です。町民においては「マイ・タイムライン」に従った行動をお願いいたします。

    ●ほっとメール     ●「マイ・タイムライン」

広報常総「国体NEWS」

広報常総2018年8月号で、根新田の鈴木孝八郎さん(前根新田区長)が紹介されました。

広報常総 2018.8  (記事クリックで拡大)


昭和49年の茨城国体時、ハンドボール高校女子の監督を務めた当時を振り返っていただきました。

(投稿 宮川智敬)

ミニ防災研修会

東京学芸大学
2018.08.02(木)、東京学芸大学の学生さんが当町内会を訪れ、「行政と市民の防災・減災での協働の在り方」というテーマで、自主防災活動の取り組み、地域コミュニティ等について取材を受けました。

当町内会の自主防災活動のビデオをご覧頂き、

改めて地域コミュニティの大切さを感じられたご様子でした

楽しい雰囲気の中で、時間を忘れる程に会話が進みました

左から荒井教授、窪田さん、別木さん、小野さん、加藤区長

新聞記者顔負けのインタビューで、メモを取りながらの多くの質問に区長も事務局も”たじたじ”で、皆さん真剣に取り組まれている姿勢が良く分かりました。今後のご活躍を心よりご期待申し上げます。

      ●東京学芸大学      ●HOMEへ戻る

「ひときらり」茨城新聞

2018.08.01(水)、根新田町内会の自主防災活動が茨城新聞で紹介されました。今回は事務局紹介です。

茨城新聞 2018.8.1 朝刊 (記事クリックで拡大)

各自主防災組織が取り組んでいる活動のノウハウを互いに公開し、それぞれの「いいとこ取り」をして地域の防災力アップにつながればと、防災講演会を通じた対外活動も積極的に展開しています。

   ●出前講座(防災講演会)  ●「無事ですタオル大作戦」
   ●安否確認図上訓練    ●根新田総合防災訓練     

厳暑の中のボランティア

朝日新聞
2018.07.27(水)、西日本豪雨で常総市が派遣した災害支援ボランティアの活動が朝日新聞で紹介されました。

朝日新聞 2018.7.27 朝刊 茨城版 (記事クリックで拡大)

「東北・豪雨災害」でご支援頂いたお返しにと、厳暑の中をボランティア活動に携わったみなさん、本当にお疲れ様でした。

   ●あの日の恩を返し隊   ●みなさん、お帰りなさい
   ●HOMEへ戻る

防災研修会(富士川町)

2018.07.26(木)、常総市役所本庁舎市民ホールに於いて、山梨県富士川町区長会の皆さんを対象とした「防災研修会」が開催され、「関東・東北豪雨災害」での根新田町内会の取り組み、その後の防災活動についてご紹介させて頂きました。

会場は常総市役所本庁舎市民ホール

IMG_3552(320-240)

歓迎の言葉を述べる神達常総市長

根新田町内会加藤区長のあいさつ

演題は「ITを活用した災害に強い町づくり」

豪雨災害時の根新田地区の被災状況も説明

“マイ・タイムライン”についても説明させて頂きました

災害時の市の取り組みについて説明する、溝上防災危機管理監

最後に望月会長よりお礼の言葉を頂きました

“SMS一斉送信システム”、”防災用ライブカメラ”、”ホームページ”などITを活用した防災活動を中心に、大地震発生時の安否確認に有効な”無事ですタオル”についてもお話させて頂きました。富士川町区長会の皆さん遠路大変お疲れ様でした。

   ●ほっとメール       ●SMS説明資料(配布自由)
   ●マイ・タイムライン    ●出前講座(防災研修会)

みなさん、お帰りなさい

災害支援ボランティア
2018.07.20(金)、災害支援ボランティアの皆さんが、岡山県倉敷市から帰って来ました。

リハーサルも終え?、出迎えの準備も出来た様です

AM7:00、皆さんを乗せたバスが帰って来ました

根新田の中村さん、川崎防災士も元気に戻りました

みなさん、疲れた様子も全く見せず、

午後からでも、また活動に行くような勢いでした

沼尻課長(左)も出発の時より元気、「今からまた行って来るよ」

ねぎらいの言葉を送る神達市長

「貴重な体験にもなりました」、竹林瑠南さん

過酷な暑さの中、みなさんお疲れ様でした
(高解像度の無料印刷用画像ご希望の方は画像をクリック)

17日夜に出発して酷暑の中をボランティア活動に携わったみなさん、ご苦労様でした。倉敷の皆さんも心から喜んでくれたものと思います。みなさんの優しい心に拍手です。「本当にありがとうございました」

      ●あの日の恩を返し隊    ●HOMEへ戻る

TBS「あさチャン!」報道

《 茨城・常総市から被災地へ 広がるボランティア支援 》
TBSテレビ「あさチャン!」
2018.07.18 AM6:45
「あの日の恩を返し隊」、現地の様子が紹介されています

   ●あの日の恩を返し隊    ●みなさん、お帰りなさい

あの日の恩を返し隊

災害支援ボランティア
2018.07.17(火)、常総市では、西日本豪雨災害で甚大な被害があった岡山県倉敷市へ災害支援ボランティアを派遣しました。夜9:00、見送りの人達の大きな声援と共にバスは出発しました。

根新田から参加した2名の有志と見送りの町民

総勢36名で結成された災害支援ボランティア

市民を代表して激励の言葉を述べる神達市長

ボランティアを代表して挨拶する根新田の川崎防災士

水海道庁舎前には、多くの人が見送りに集まりました

常総市民の思いを乗せて一路倉敷へと向かいました

「関東・東北豪雨災害」でお世話になったご恩返しに、少しでもお役に立てればと若い力が結集しました。被災された皆様の事を思うと本当に胸が痛みます。「倉敷の皆さん待っていてください」

     ●みなさん、お帰りなさい    ●HOMEへ戻る